ウォーターサーバーで比較するべき水の安全性

ウォーターサーバーで利用されている水はどれもメーカーが適切な環境の中でボトリングをしていますから、一般的な水道水に比べると遥かに高い安全性を有しています。


ただ業者によって提供している水は異なりますから、より安全性に優れた水が欲しいということであれば水の製造過程などを比較して検討することが必要となります。ではウォーターサーバーの中でも安全性が高いものは何かというと、特に安全性に優れているのがRO水と呼ばれるタイプの水です。

これはあまり聞きなれない言葉でしょうが、ざっくり説明すると「特殊なフィルターを使って水をろ過して作られた水」ということになります。

BIGLOBEニュースは人気のテーマです。

このRO水に使用されるフィルターには目で見ることすらできないほどのごく小さな孔が開いており、その空間を通過できるのは純粋な水だけです。
水中に含まれる不純物のほとんどをフィルターで止めるため、通常の水と比較すると極めて高い安全性を持っているのです。
特にこのRO水が優れていると言えるのは、東日本大震災以降問題とされた残留放射能などに関してもろ過することが出来るという点です。



残留放射能は当然ながら人の目には見えず、また継続的に摂取した場合にはさまざまな被害を人体にもたらします。

そのため赤ちゃんに飲ませる水などで安全性を求めるということであれば、ウォーターサーバーの水はRO水かどうかというところを比較して契約先を決めるというのも一つの選択肢になると言えるでしょう。

ウォーターサーバーの比較の情報をまとめました。